忙しい毎日を過ごしていると、体の疲れが溜まってヤル気も低下してしまいますよね。でも「思考がぼやける」「頭痛がする」「眠りたい」…といった症状が顕著に出ている…という方は、もしかしたらそれは  “脳疲労”が原因なのかもです。

“うつ病”も、この“脳疲労”がきっかけで起こる可能性もあるそうなので、単なる疲労と思って放置しているのは危険かもしれません。

最近なかなか疲れが取れない…ヤル気がでない… と言う方、ぜひチェックしてみてください♡

 

■脳疲労の原因とは?

脳疲労の主な原因は“ストレス”といわれています。「アレをやりたい」「コレはいやだなぁ…」といった欲求が叶えられないストレスや、仕事などで長時間「過度な情報」を脳で処理するといったストレスが溜まると、脳が正常に機能しなくなり、脳の働きが低下してきます。

また通常であれば、脳や体は睡眠時にリラックスをすることで疲労を回復しますが、ストレスがあると脳が興奮状態になり脳や体が休息できずに、少しずつ疲労が蓄積してしまう…という悪循環が生まれてしまいます。

■脳疲労にならないために…

ストレス解消法をつくる情報に溢れた社会の中で生活していると、イヤでもたくさんの情報が脳に流れこんできます。また、人間関係や仕事などで心理的ストレスもプラスされ、一日の終わりは思っている以上に脳も体も疲れているものです。そんな頑張った体のためにも、自分なりのストレス解消法で、こまめにストレスを発散させていくことが大切です。

情報をシャットアウトする常に頭をフル回転して効率よく仕事をこなしていくことも大切ですが、脳にも限界があります。お休みの時間や休日などを使って、時にはテレビや携帯、パソコンといった情報源をすべて“OFF”にして、脳を動かさないボーっとしたシンプルな時間も持つように心がけてみて下さい♡

食事に気をつける

脳疲労には、脳のエネルギーとなる糖分の代謝を高める『ビタミンB1』や、脳の働きを助ける『カルシウム』やた『アミノ酸』、疲労回復をサポートする『ビタミンC』の摂取がオススメです。肉や魚、野菜、乳製品、豆類、果物といった食品をバランスよく摂取するようにしてみてください。

bigimg (1)