長野県松本市脱毛痩身エステスパサロン『Kuora Spa[クオラスパ]』

Blog

Author.

冷え!!!

こんにちは~♪ クオラスパです☆

本日は冷え性についてお話したいと思います。

冷え性とは、実際の暑さ寒さに関わらず、異常に冷えを感じてしまう状態のことといえます。

自然の気温は夏と冬では30℃近く違いますが、人間には体温を36℃~38℃の一定の温度に保つ恒常性があります。この体温調節は、主に3つの仕組みで行われています。

1、皮膚にあるセンサーで「寒い」という感覚をキャッチし、「寒い」という感覚脳に送ります。

2、脳の視床下部というところ所から、ホルモンや自律神経を介して全身の器官に寒いに負けないよう体温を保つ指令が出されます。

3、体の各器官で熱を逃がさないような反応や熱を産生する反応が起こります。

皮膚では、血管が収縮して熱を逃がさないようにしますし、カラダの中では蓄えられた糖質や脂肪を燃やして熱を作ろうとします。その熱で温まった血液が全身を循環することによってカラダが温まるのです。

この3つの仕組みのどれかが狂ってしまうと、手足などの異常な冷え、つまり「冷え性」が起こってしまうのです。

2016・2・12

松本市エステティックサロン

痩身・脱毛・フェイシャル

Kuora  Spa

Author.

マドンナ♥

こんにちは~♪  クオラスパです☆

本日はMDNAを実際にやってみました!!!

以前もお話させて頂きましたが改めてお話させて頂きたいと思います。

MDNAはクレイパックになっています。

磁器をあてるとツルッと取れます。

なんとコットンやスポンジで取らなくて良いので摩擦がありません。

クレイパックを取った後はお肌の上に美容液だけ残ります、美容液をイオン導入で更にお肌の中に入れていきます!!!

トリートメント後はお肌はぷるっとして、ワントーン明るくなり、リップラインもぷくっとして、フェイスラインもスッキリします。翌日のお化粧の塗りも良くなります(*´▽`*)

世界唯一モンテカティーニからクレイ原料を提供されるスキンケア―ブランドとして特別に許可を取得!!!

そして、イタリアのモンテカティーニ テルメが温泉が有名で温泉水には、生体に欠かせないナトリウム、マグネシウム、カルシウムといったミネラルイオンがたっぷりと含まれています。

また、モンテカティーニでは医療目的に使われているみたいです。

あの、マドンナとMTGがコラボレーションによって開発されなのです!!!

クオラスパでは取次店となっております。

気になる方は是非クオラスパまでお問い合わせ下さい。

2016・2・11①

2016・2・11②

松本市エステティックサロン

痩身・脱毛・フェイシャル

Kuora  Spa

 

 

Author.

睡眠不足解消!睡眠メカニズムに基づく4つの快眠方法

 

suimin

昨日はしっかり眠れましたか?現代人にとって睡眠不足は慢性的な問題です。睡眠不足による悪影響は身体と精神の両面に及び、眠気やだるさ、集中力の低下はもちろん、抑うつ状態や生活習慣病など重大な病気にもつながります。今回はそんな睡眠不足を解消し、「快眠」を実現するために、睡眠のメカニズムや生体機能に基づく4つの快眠方法をご紹介します。

 

睡眠の効果

健康なカラダを作るために睡眠は非常に重要ですが、睡眠が私たちの体にどのような効果をもたらしているかご存知ですか?睡眠には心身の疲労回復させるのはもちろん、免疫機能を強化するという役割もあります。逆に、適切な睡眠がとれていないと、日中に眠気・だるさ・集中力の低下などの悪影響が生じ、仕事や私生活にも影響が及んでしまいます。さらには、抑うつ状態に陥ったり、生活習慣病のリスクを高め、症状を悪化させたりすることもわかっています。それでは、快適な睡眠をとり、日中をすっきりした状態で過ごすためにはどうすればよいのでしょうか?

 

睡眠のメカニズム「睡眠欲求」と「覚醒力」

suimin2

快眠のためにはまず、睡眠のメカニズムを理解することが重要です。私たちは毎日ほぼ同じ時間に眠りに入り、同じぐらいの睡眠時間で自然に目覚めます。このような睡眠のリズムは「睡眠欲求」と「覚醒力」の2つのシステムで成り立っています。これら2つのシステムについてそれぞれご説明します。

 

<睡眠欲求>

1つ目のシステムは睡眠欲求です。睡眠欲求は覚醒中の疲労蓄積によって高まっていき、睡眠をとることで低下していきます。徹夜などで長時間覚醒していると普段寝付きにくい人でも簡単に寝付けるのはこのためです。

 

<覚醒力>

2つ目のシステムは覚醒力です。覚醒力は体内時計により発信されるので、1日の決まった時刻に増大します。興味深いのは覚醒力が最も高くなるのは就床時刻の2,3時間前であることです。その後、就寝時刻に近づくにつれ、急速に覚醒力が低下します。

 

睡眠に影響を与える2つの生体機能

「睡眠欲求」と「覚醒力」には様々な生体機能が影響しています。ここでは「脳の温度」と「メラトニン」の2つの生体機能の効果とその効果に基づく快眠方法をご紹介します。

 

<脳の温度>

私たちの脳の温度は、日中には高く、夜間は低くなることがわかっています。そのため、就寝前の眠気が強くなる時間は脳の温度が下がる時間と一致しています。脳の温度は体温の影響を受けるので、すみやかに眠りにつくには「体温が下がる」ことが重要になります。

 

<メラトニン>

メラトニンは睡眠を促進する作用を持つ体内時計ホルモンです。メラトニンは明るい光の下では分泌が停止してしまうため、消灯した暗い部屋で睡眠をとることが快眠のための重要なポイントとなります。

 

快眠のための4つの方法

1.就寝の2時間前に入浴する

nyuyoku

入浴で体温が一時的に上がり、「体温低下」が起こりやすくなることで、寝つきをよくすることができます。入浴時間は38度のお湯で25~30分、42度の熱めのお湯なら5分程度を目安にするとよいでしょう。

 

2.就寝の3時間前に運動する

runnig

同様に適度な運動も「体温低下」を促し快眠に効果的です。激しい運動は覚醒をもたらし逆効果になってしまうので、ランニングなどの軽い有酸素運動が効果的です。また、運動をするタイミングも就寝直前では逆効果になるので就寝の3時間程前が良いでしょう。

 

3. ホットミルクを飲む

milk

ホットミルクは「体温低下」と「メラトニン分泌の促進」という2つの効果があります。ホットミルクにはメラトニンの元になるトリプトファンというアミノ酸が含まれているため睡眠を促すメラトニン分泌を促します。

 

4.睡眠前のスマホやパソコンの使用を控える

pc

スマートフォンやパソコンから発せられる「ブルーライト」はメラトニンの分泌を低下させてしまいます。就寝の2~3時間前はできるだけスマートフォンやパソコンの使用を控えるようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?仕事で結果を残し、充実した私生活を送るためには心身ともに健康であることが不可欠です。私たちの健康に深い影響を与える睡眠を改善し、快眠ライフを楽しみましょう!

睡眠の質が変わると、代謝が上がり痩せやすくもなりますよ(*’▽’)

松本市 エステティックサロン

痩身 脱毛 フェイシャル

Kuora Spa