長野県松本市脱毛痩身エステスパサロン『Kuora Spa[クオラスパ]』

Blog

Author.

乾燥肌の原因!

IMG_3706[1512]

こんにちはクオラスパです(*^^*)最近暑くなったり寒くなったりしますね。

私達が衣替えをするようにお肌も衣替えをするのです!今日はお肌の乾燥についてお話します。

バランスよく食べていれば、栄養面や食事、食生活が原因で乾燥肌を引き起こすことはありません。
しかし近年は、極端なダイエットや偏食、バランスの悪い食生活、欧米型の食生活が原因で乾燥肌になる女性が増えていると言われています。
健康なお肌を保つためには様々な栄養が必要です。
タンパク質
私たちのお肌や身体は、タンパク質から合成されています。
そのタンパク質が不足すると、角質細胞の生まれ変わりが正常に行われず、ターンオーバーが遅れがちになり、肌荒れの原因になり、乾燥、炎症が起きやすい肌になってしまいます。
必須脂肪酸(特にオメガ3系脂肪酸)
脂質には、私たちの身体では合成できない脂質、「必須脂肪酸」が存在します。
必須脂肪酸は、皮膚に限らず、私たちの細胞の「細胞膜」の主な材料です。そのため、必須脂肪酸が不足すると、細胞の生まれ変わりが正常に行われず、当然ターンオーバーが乱れます。
ターンオーバーが乱れると、お肌の水分保持能力のほとんどを担う細胞間脂質やNMF(天然保湿因子)の生成が減少してしまいます。必須脂肪酸には、大きく分けて「オメガ3系脂肪酸(アルファ・リノレン酸系列)」と「オメガ6系脂肪酸(リノール酸系列)」の2種類があります。
オメガ3脂肪酸はサーモン、サバ、イワシなどの魚介類に多く含まれており、オメガ6脂肪酸はコーン油、大豆油、ゴマ油、ベニバナ油などに多く含まれています。「何でもいいので、油を摂ればいい」というわけではなく、オメガ3系とオメガ6系の脂質の両方をバランス良く摂ることが必要です。
ビタミン類
ビタミン類が不足するとお肌に悪影響があることは既に周知の事実ですね。特に乾燥肌にとって重要なビタミンは以下の通りです。
ビタミンA:角質層の天然保湿因子(NMF)の生成を促したり、皮膚や粘膜を正常な状態に保つ働きがあります。不足すると角質層の保湿力が低下してしまいます。
ビタミンB群:お肌のターンオーバーを正常に保つ働きがあります。不足するとターンオーバーが乱れ、乾燥やニキビなどの肌荒れの原因となります。
ビタミンE:お肌の血行を促進し、新陳代謝を活発にします。また、抗酸化作用が強く、活性酸素から細胞を守る働きがあります。
ビタミンC:コラーゲンの生成を促し、健全な新陳代謝を保ちます。

自分で出来るところはしっかりケアをしてお肌の深部のケアというところでクオラスパではインディバで細胞を活性化にターンオーバーを促していくのはもちろんリフトアップ効果もあるので是非ご体験してみてはいかがでしたでしょうか?(^_-)-☆

松本市 エステ 瘦身・脱毛・フェイシャル

クオラスパ(kuoraspa) 女性限定サロン

 

Author.

脂肪が付く・落ちる順番

こんにちはクオラスパです(*^^*)

脂肪は身体のいろんなところについてしまいますが、脂肪がつきやすい部分があるのを知ってますか?
また、つきやすい部分から先に脂肪がついて、つきにくい部分はあとから脂肪がついていくので、

自然と脂肪がつく順番っていうのがあるんです・・!

 

特に女性はホルモンの関係で、脂肪を皮下脂肪として蓄えようとします((+_+))
もちろん個人差はありますが、その順番とは一般的に、
お尻→腰→お腹→胸→太もも→肩・上腕部→ふくらはぎ
といわれています。
じゃあ逆に、脂肪が落ちていく順番はというと、これを逆にして、
ふくらはぎ→肩・上腕部→太もも→胸→お腹→腰→お尻
の順番で一般的には脂肪が落ちていくわけです。

だから女性の悩みに多い、太もも・お腹は太りやすく、落ちずらいのですね^_^;

 

自己流ダイエットで挫折してしまった・・

脚痩せ・お腹痩せがしたい・・

クオラスパではそんな方をお待ちしております(^^)/

15258629_1185670254844157_6354498908655190016_n[1]

松本市 エステ

痩身・脱毛・フェイシャル

クオラスパ(Kuora Spa) 女性専用サロン

 

Author.

ダイエットとミトコンドリアの関係☆

mitokondoria-genkinai

こんにちはクオラスパです(*^^*)今回はミトコンドリアとダイエットの関係についてお話します☆

低体温を招く原因に関わる、ミトコンドリア人間は60兆個の細胞からなるといわれていますが、1つの細胞に、数100〜1000個のミトコンドリアが存在しています。その数は数京個におよぶと言われています。ミトコンドリアは細胞の中で酸素を取り込むことでエネルギー(ATPといいます)をつくっています。つまり「発熱機」です。ガソリンエンジンは、ガソリンを栄養とし、空気を取り入れ、その中の酸素で燃やしエンジンを回転させて走り続けますが、それとよく似ています。ここで生まれたエネルギーの7割は体温の維持に使われます。7割というと、かなり大きな割合ですね。

ミトコンドリアが高体温を好む理由は人間に通ずる。

犬や猫、人間などの恒温動物は、絶えずその細胞を作り変えて体温を保っています。一般に、体温が1℃下がると、免疫力が30%下がると言われています。これにも、ミトコンドリアが関係しています。ミトコンドリアは36.5〜37℃の温度を好み、42℃以上になると死滅します。暖かい臓器の心臓や免疫組織の集中している小腸は、漢方医学では陽中の陽と言われています。体内温度が最も高く、ミトコンドリアも活動的であるため、癌になりにくい臓器です。

ミトコンドリアは体のあらゆる場所で生きている
ミトコンドリアは私たちの細胞の中にいるわけですから、身体中に存在し、それぞれが役割をもっています。また、筋肉に住んでいるミトコンドリアは、運動を長く続けることで増加します。

これによりATPも増産されるため、エネルギー供給されるので
筋肉疲労が起きにくくなったり、糖代謝や脂肪燃焼が盛んになります。

しかしこれらは、呼吸や体温調節といった最優先の仕事を終えての役割であります。ミトコンドリアの質や量が悪ければ、老化や病気を防ぐエネルギーまで回らなくなってしまいます。ミトコンドリアを増やせば、万病のもとは改善される。

ミトコンドリアは年齢と共に減少していきます。今のうちからミトコンドリアを増やすことでダイエットの近道になるのです。またクオラスパではインディバで細胞を活性させることで細胞自体が元気になるので代謝UPや痩せやすい身体づくりを作りやすくしていきます(*’▽’)ぜひインディバ体験してみて下さい☆

松本市 エステ 瘦身・脱毛・フェイシャル

クオラスパ  (kuoraspa)